復縁失敗体験談

こんにちわ!このサイトは復縁の失敗を紹介しているサイトです。

復縁というのは、経験者はわかるように『とてもデリケート』なものです。メールの一つ一つに注意を払っていかないと、すぐに決定的に嫌われる事になりかねません。

最近のストーカーの問題も同じです。復縁の仕方しだいで『ただ相手が好き』⇒『犯罪者』へカンタンに人は変わってしまいます。

すこしネガティブなこういう好きという気持ちは、仏教では『愛欲』といいますが、お釈迦さまも『愛』はすごく良いものだけど、『愛欲』って最悪だよね。というような言葉を語ったそうです。

しかし、好きという気持ちと、ストーカーとの間に、いったいどのぐらいの違いがあるのでしょうか?

ある瞬間には『熱意』といわれたものが、ある瞬間には『ストーカー』とよばれる。

この間にどんな差があるかわからない人には『復縁』は難しいものです。

この間にある差は『復縁のための手続き』です。

ストーカーになる人と、復縁できる人と差は『復縁のための手続き』なのです。

『復縁のための手続き』をとった人は、いともカンタンに復縁を成し遂げてしまいます。

復縁のための手続きとは

復縁のための手続きとは何かといえば、どのように復縁をすすめていくかという、一連の行動パターンです。

恋愛と復縁を同じように考える人が、意外に多いのに驚きますが、実は考え方とか、行動が恋愛のそれとは、まったく違ってくるのです。

たとえば、恋愛のときでしたら『熱意』と受け取ってくれますが、別れた後同じ事をしたら『ストーカー』になってしまいます。

恋愛のときだったら、頻繁にメールをしたら『かわいいな』と好感を持ってくれますが、別れた後同じ事をしたら『うざい』と嫌われてしまいます。

恋愛時代=付き合っていたときの彼氏に対する行動パターンを、復縁するための行動パターンに切り替える事ができた人は復縁できて、そうでなかった人は復縁できない。とそういうことなのです。

復縁のための手続きを知るためには

復縁のための手続きを知るためには、復縁屋や復縁コンサルタントという、復縁のプロが書いたマニュアルを読んで実行するのが早いです。

復縁は非常にデリケートな問題なので、失敗すると取り返しがつかないからです。